株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

金は続落、ドル高が圧迫要因

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
商品市場情報

金は続落、ドル高が圧迫要因

  • 2021/01/14
  • 齋藤
  • AMコメント

(貴金属)
14日の金標準は続落。11時時点で金標準期先12月限は前日比22円安の6187円、白金標準期先12月限は同77円高の3674円。
米長期金利は米30年物国債の入札が好調だったため、急低下しており、NY金の支援材料になるとみられた。しかし、バイデン次期政権の経済対策に対する期待からドル高・ユーロ安が進行し、NY金は戻り切れず。引けにかけてストップロスの売りがヒットしてNY金は1840ドル台まで値崩れをみせ、国内の金相場の続落につながった。朝方はさらに値を消し、6172円の安値を付けた。その後はドル安・ユーロ安を好感したNY金の出直りを好感して大きく買い直され、6190円台回復へ。米長期金利の水準に変わりない中、ドル安にNY金は敏感に反応し、1850ドルを意識した水準まで戻している。ドル安次第で6200円台回復も想定されるが、戻りは限られるとみるべき。白金は非鉄の連騰を好感して続伸している。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス