株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

連想買いで東京ゴムは反発

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
商品市場情報

連想買いで東京ゴムは反発

商品先物 有料マーケット情報
  • 2018/05/07
  • 齋藤
  • デイリーコメント

(東京原油・石油製品)
7日の東京原油・石油製品は海外原油の強調地合いを好材料にして大幅上伸。原油期先10月限は前営業日比1510円高の4万7790円、ガソリン期先11月限は同1400円高の6万1760円、灯油期先11月限は同1450円高の6万5050円。
連休中の海外原油の急伸を好感して、週明けの東京石油市場は急伸している。ただ、一段の円高進行と日経平均株安、さらに海外原油の上げ一服が影響して、東京石油市場は軒並み水準を切り下げ、9時台は上げ一服の様相となった。原油先限での100枚以上のまとまった売りがみられ、上値を抑制していた。ただ、昼前からの海外原油の上伸を好材料にして東京原油は上げ幅を拡大し、昼には4万7700円台まで急伸し、朝方の値位置から500円も上伸した。WTIはストップロスの買いがヒットして70.69ドルまで急伸している。さすがに連日の急伸に対する高値警戒もあり、その後の海外原油の上げ一服から東京原油の上昇もひとまず一巡へ。

(東京貴金属)
7日の東京金は引けにかけて下げ幅を拡大した。金期先4月限は前営業日比6円安の4600円、白金期先4月限は同42円高の3222円。
東京金は売り買いが交錯する展開をみせた。海外原油の強調地合いから、金市場でもリスク警戒の動きも期待されたが、NYダウ先物の大幅続伸は心理面の売り材料に。株高によるドル高を警戒してNY金の下振れも想定され、東京金の値ごろ買いはイマイチ、盛り上がらず。金の上値の重い展開とは対照的に白金は上伸へ。14時以降、ドル高が再燃したため、NY金はマイナス圏に値を消し、東京金はまた売られることに。この値崩れからみて、地政学リスクよりもドル相場に金は左右される展開が続くとみる。

(東京ゴム)
7日の東京ゴムは値崩れ後、上伸。期先10月限は前営業日比1.5円高の193.5円。
朝方は円高や日経平均株安を嫌気して下値探りの展開をみせ、あっさり190円を下回った。ただ、投げが一巡し、早々に190円台を回復。その後も買いが先行し、昼には194円台に上伸した。原油の先高期待が強まる中、原油を買えない向きがゴム市場での打診買いをみせたようだ。原油高を材料にして買い進まれたのは明らかだけに、今週は原油相場から目が離せない。明日は中国の貿易収支が発表されるが、市場の反応はイマイチとみる。

(東京トウモロコシ)
7日の東京トウモロコシはシカゴ安・円高を受けて急落も、引けにかけて大きく戻す。期先3月限は前営業日比80円安の2万5490円。
連休中にシカゴは小幅安だったが、円高がかなり進行したこともあり、週明けの東京トウモロコシ安も予想されたが、序盤は買い辛抱で反応せず。9時に再開したシカゴ続落とさらなる円高進行で、ジリジリと値を切り下げ、先限はようやく2万5300円台に沈んだ。GW前に内部要因で強引に買い進まれた修正安を考慮すれば、物足りない下げでもある。週明けのシカゴ安は週末の作付進展を嫌気した動きとみられる。東京先限は投げを誘って2万5280円まで下落したが、円高が一服し、シカゴの下げ幅も縮小したため、その後は戻りをみせ、下げ幅を縮小した。海外原油の急伸に対する連想買いから先限は2万5400円台に水準を切り上げたが、再びかなり割高な値位置に逆戻してしまった。

(東京米国産大豆)
7日の東京一般大豆は午後に入って値を崩す。期先2月限は前営業日比180円安の4万9820円。
シカゴ大豆の連休中の急落と円高から東京一般大豆の反落も予想されたが、先限は夜間で買われた水準をやや切り下げるものの、弱材料に反応薄で、5万円の大台を維持した。ようやく先限が下落したのは13時以降で、5万円を下回った。弱材料を全く無視した展開をみせてきただけに、この下げでも物足りない。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス