株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

海外原油・石油製品は大幅安、株安と弱気な見通しを嫌気して

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • 小次郎講師のメールマガジン
  • 第3回TOCOMリアルトレードコンテスト
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
商品市場情報

海外原油・石油製品は大幅安、株安と弱気な見通しを嫌気して

商品先物 有料マーケット情報
  • 2018/10/11
  • 齋藤
  • 海外マーケット

(NY貴金属)
10日のNY金はNYダウ大幅安を映したドル安・ユーロ高を好感して上伸している。NY金期近12月限は前日比1.9ドル高の1193.4ドル、NY白金期近1月限は同1.6ドル安の827.3ドル。
NYダウは500ドル以上も急落するなど、大幅安を演じた。そのため、ドル安が進行し、金は清算値決定後に上げ幅を拡大している。ただ、株価急落の割に米長期金利が高止まりしているため、1200ドルは引き続き大きな壁になっていた。金やパラジウムのしっかりした地合いを好感して白金は下げ渋りをみせていた。この株価急落で、再び金がリスクヘッジ先として注目されるかどうか試金石を迎えている。

(WTI原油・NY石油製品・北海ブレント)
10日のWTI原油は急落しているが、NYダウの大幅安を嫌気して売り込まれたとみられる。WTI原油期近11月限は前日比1.79ドル安の73.17ドル、北海ブレント期近12月限は同1.91ドル安の83.09ドル。RBOBガソリン11月限は同5.70セント安の202.04セント、NYヒーティングオイル期近11月限は同2.89セント安の239.49セント。
注目の米EIAの月報は日本時間11日深夜1時に発表されたが、2018年の米国原油の生産高を前年比で139万バレル増に引き上げている。前月は84万バレル増だった。2019年も引き上げ、102万バレル増となったこともあり、下げに拍車がかかった。また、今後発表される米APIの在庫統計に対する警戒もあり、大幅安につながった。また、前日からガソリン相場が急落しているが、トランプ米大統領が夏場のバイオ燃料の利用拡大を指示したためで、ガソリン需要の後退の連想もあり、下げに拍車をかけていたという。早くても来夏の話だが、市場ムードを悪化させていた。ハリケーン「マイケル」はフロリダに上陸したものの、早々に熱帯低気圧に勢力を落とすとみられ、市場でのリスク買いの動きにならず。目先は在庫統計とOPEC月報が注目されるという。

(CBOT大豆)
10日のCBOT大豆は大幅続落。期近11月限は前日比9.75セント安の853.25セント、期近1月限は同9.25セント安の867.50セント。
前日引け後に発表された収穫進捗率は平年を下回ることになり、収穫遅れの台頭もみられた。しかし、米コーンベルトでは降雨の解消がみられ、また、今後の気温低下による品質低下も警戒されているため、急ピッチに大豆の収穫が進むとみられ、今後の収穫進展を警戒して一段安を強いられていた。明日、米農務省が発表する生産高予想と需給報告に対する警戒も下げに拍車を掛けることになったという。一時、期近11月限は8.50ドルを下回ったが、かなり弱い内容になれば、8.50ドルを大きく下抜けることを予想する声も少なくない。

(CBOTコーン)
10日のCBOTコーンはさらに値を切り下げ、3営業日連続の下落となった。期近12月限は前日比2.50セント安の362.00セント、期近3月限は同2.25セント安の374.25セント。
トランプ米大統領が米環境保護局(EPA)に対して、バイオ燃料の利用拡大を指示したが、夏場のE15の解禁を指示したものだった。ガソリンに含有されるバイオ燃料の比率が15%の燃料は、これまで夏場の使用が禁止されていたが、これを認めるということである。当然、バイオ燃料の中心であるエタノールの需要拡大が連想されるが、実施されても来年夏の事だけに、現在のコーン市場の支援材料にならず。大豆や小麦の値崩れや弱気な米農務省の生産高予想と需給報告観測もあり、結果的に続落し、ほぼ安値付近で取引を終えた。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス