株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

海外原油は大幅続落、中国の景気減速懸念で売られる

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
商品市場情報

海外原油は大幅続落、中国の景気減速懸念で売られる

商品先物 有料マーケット情報
  • 2019/01/15
  • 齋藤
  • 海外マーケット

(NY貴金属)
14日のNY金は小幅続伸。NY金期近2月限は前週末比1.8ドル高(2日分合計で3.9ドル高)の1291.3ドル、NY白金期近4月限は同15.5ドル安(同23.6ドル安)の802.5ドル。
週明けのNYダウ先物の急落を好感する格好で1290ドル台での取引が中心になっていた。英国議会での採決を前にしてドル高が進行したものの、株価の急落に対するヘッジで買われるなど、意外に底固い展開をみせていた。目先は英国の動向がポイントになるが、15日には今回もEU離脱案は否決され、その後要求される代替案を巡る動きに市場の関心は集まるとみられている。一方、NY白金は続急落を演じている。パラジウムは1300ドル近くまで一時急騰したものの、触媒需要としてのパラジウムから白金へのシフトの動きが期待できず、実勢悪から急落を強いられている。ひとまず800ドル台は維持しているが、需給バランスは弱いまま。

(WTI原油・NY石油製品・北海ブレント)
14日のWTI原油は続落。清算値決定にかけて売り直され、安値更新をみせていた。WTI原油期近3月限は前週末比1.11ドル安(2日分合計で2.11ドル安)の50.80ドル、北海ブレント期近3月限は同1.49ドル安(同2.69ドル安)の58.99ドル。RBOBガソリン2月限は同3.69セント安(同6.69セント安)の136.38セント、NYヒーティングオイル期近2月限は同2.72セント安(同5.36セント安)の185.25セント。
週明けに12月の中国の貿易収支が発表され、中国の景気減速が鮮明になったとされ、海外原油の下げを促していたという。12月の原油輸入は増加していたが、貿易収支自体の内容が悪く、原油の支援材料になり切れず。NYダウ先物が200ドル以上も一時急落したため、原油も1ドル以上の急落をみせていた。その後の株価の下げ幅縮小もあり、買い戻しにWTIはひとまず50ドル台を維持したものの、今後予想される弱気な在庫統計次第では、改めて50ドルを試す可能性も指摘する声も多い。今回の在庫統計でも、石油製品在庫の増加が予想されている。

(CBOT大豆)
14日のCBOT大豆は急反落。期近3月限は前週末比5.75セント安(2日分合計で2.75セント安)の904.50セント、期近5月限は同5.50セント安(同2.00セント安)の818.25セント。
12月の中国の貿易収支が発表されたが、その中で、12月の大豆輸入は前年比40.1%減の572万トンとなり、12月としては2011年以来の低い水準を記録した。2018年の年間の輸入合計も2011年以来の低い水準で、前年比7.9%減の8803万トンにとどまった。これを嫌気して週明けのシカゴ大豆は売り直され、期近3月限は9ドルを試す展開に。予め、弱気な内容は予想されていたが、予想以上に弱かったと評価されて、失望売りも膨らんでいた。ひとまず、9ドル台を維持しているが、ブラジルの大豊作も予想されているだけに、大台割れも警戒されている。

(CBOTコーン)
14日のCBOTコーンは引けにかけて買い進まれ、小幅続伸。期近3月限は前週末比1.00セント高(2日分合計で2.25セント高)の379.25セント、期近5月限は同0.75セント高(同2.25セント高)の387.50セント。
大豆と小麦が大きく下落しているため、コーンも追随安をみせていた。ただ、大豆売り・コーン買い、小麦売り・コーン買いのスプレッドの影響で買い直され、期近3月限は一時、3.80ドルを上抜ける場面もみせた。大豆や小麦からコーンへの作付シフト期待がトーンダウンするとの声も挙がっていたため。さて、前週末の米農務省の重要な発表は延期されたが、いつ発表になるか全くの不透明である。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス