株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

波乱含みの中、東京原油は小幅安にとどまる

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
商品市場情報

波乱含みの中、東京原油は小幅安にとどまる

商品先物 有料マーケット情報
  • 2018/11/07
  • 齋藤
  • デイリーコメント

(東京原油・石油製品)
7日の東京原油・石油製品は。原油期先4月限は前日比300円安の4万9350円、ガソリン期先5月限は同270円安の6万2010円、灯油期先5月限は同290円安の6万5360円。
東京原油・石油市場は波乱の展開を強いられた。世界的な原油の供給過剰懸念と米国の供給過剰も指摘された結果、米国の取時間帯に高値から2ドルも急落した。ただ、強気の米APIの在庫統計を期待して、NYガソリン中心に戻りをみせ、東京原油も4万9000円割れの値位置から4万9500円台回復まで戻す動きをみせた。注目の米APIの在庫統計は期待に反してかなり弱い内容となった。さらに円高も進行したため、夜間取引に続いて東京原油は4万9000円割れをみせた。ただ、米中間選挙で共和党有利の情勢が流れると、NYダウ先物が急伸し、また急ピッチの円安に。その結果、東京原油は昼前に4万9700円まで買い戻され、プラス圏回復へ。海外原油は前日の大引けから1ドル近く下落したままながら、弱材料に反応薄。その後、米下院で民主党有利が流れ、円高が再燃し、4万9300円台に値崩れした。海外原油の急落を加味すれば、下げ足りない水準である。今夜発表される米EIAの在庫統計を踏まえると、夜間取引での原油の4万9000円割れもあるとみるべきで、日中取引の戻りは売り場提供だったとみる。

(東京貴金属)
7日の東京金は続落。金期先10月限は前日比12円安の4453円、白金期先10月限は同14円高の3157円。
夜間取引でNY金が値崩れをみせたこともあり、東京金も4478円の高値からその後、4450円割れもみせた。朝方は円高進行とは対照的にNY金の堅調地合いがみられ、強弱材料が交錯していたが、その後、円安が急ピッチに進行したため、東京金は4460円台回復も。米中間選挙の速報に波乱の展開を強いられたが、結果的に強弱材料が交錯する中、日中取引の東京金はマイナス圏で推移することに。朝方、急低下していた米長期金利がまた大きく買い直されたこともあり、NY金の戻りにブレーキがかかりそうだ。東京白金は急伸しており、金の波乱の展開とは対照的に上げ幅を拡大している。白金の買いスタンスはそのままで。

(東京ゴム)
7日の東京ゴムは狭いレンジの中、マチマチ。RSS期先4月限は前日比0.8円高の160.3円、TSR期先5月限は同0.6円高の146.0円。
時間外の上海ゴムの上伸を好感して東京市場は上伸して始まった。ただ、産地のオファー価格の一段安もあり、買いは長続きせず。狭いレンジで推移していたが、弱気筋がこの水準で売り手控えをみせたこともあり、下げは限定的。それでも東京RSS当限の140円割れをみせたように、荷圧迫は避けられず、期先の売りもそのままで。納会にかけてのサヤ滑りを期待できるため。

(東京トウモロコシ)
7日の東京トウモロコシは玉次第でマチマチ。期先11月限は前日と同じ2万5030円。
東京トウモロコシは前日同様、材料に反応せず、狭いレンジで推移していた。シカゴ再開前に2万5070円を示現し、前日の上げ渋りの反動高もみせたが、再開したシカゴの続落を受け、買いは手控えられた。シカゴ期近12月限の3.70ドル台を維持するとみられる。日本時間9日深夜2時に発表される生産高予想・需給報告を前にして買いスタンスは維持。シカゴコーンが調整安を見せれば、それだけ買い余地が拡大するとみられる。

(東京米国産大豆)
7日の東京一般大豆は変わらず。期先10月限は前日と同じの4万4600円。
円相場の乱高下もみせていたが、東京一般大豆は引き続き反応薄。トウモロコシもいびつな動きをみせており、一層大豆は見送られるだろう。本日も先限の売り気配はみられなかった。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス