株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

東京金・白金は続伸

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
商品市場情報

東京金・白金は続伸

商品先物 有料マーケット情報
  • 2019/04/22
  • 齋藤
  • デイリーコメント

(東京原油・石油製品)
22日の東京原油・石油製品は海外市場の上伸を好感して急伸。原油期先9月限は前週末比1120円高の4万8590円、ガソリン期先10月限は同1280円高の5万9900円、灯油期先10月限は同870円高の6万5620円。
東京石油市場は週明けに急騰を演じている。海外原油の急伸と大型連休での国内でのガソリン需要の拡大観測が支援材料となり、昼前に軒並み1000円以上も買い進まれた。原油は4万9020円の高値示現後、海外原油の上げ一服と東京ガソリンの上げ幅縮小もあり、昼過ぎには高値から400円も水準を切り下げた。東京ガソリンの急騰に対する高値警戒もあり、ガソリンの上げ幅縮小が、原油の上げ一服につながったとみる。さて、海外原油の急伸だが、米国がイラン産原油輸出の適用除外を取り止めることになり、世界の原油の供給不安が高まったため。WTI期近6月限は65.99ドルまで急伸したが、66ドル示現は時間の問題で、近いうちに67ドルから68ドルを試すとみて、東京原油の上昇余地はまだまだ残されているとみるべきである。

(東京貴金属)
22日の東京金はNY金の上伸を受けて上伸。金期先2月限は前週末比7円高の4594円、白金期先2月限は同45円高の3254円。
東京金は朝方、下落していたが、NY金の1280ドル台回復などの強調地合いを好感して上伸し、昼前には4597円の高値を示現し、朝方の安値から10円以上も上伸した。朝方から白金は急伸し、3250円台に急伸していた。さて、NY金はNYパラジウムと白金、海外石油市場の強調地合いを好材料にして、1280ドル台まで買い進まれたとみる。特に原油の急伸が支援材料になっていたが、米国とイランの地政学リスクの緊張の高まりが金のヘッジ買いにつながったとも考えられる。週明けのNYパラジウムは1400ドル台を維持しているが、白金も900ドル台を維持する動きをみせている。

(東京ゴム)
22日の東京ゴムは総じて上伸。RSS期先9月限は前週末比0.8円高の189.3円、TSR期先8月限は同0.8円高の169.8円。
東京ゴムは続伸している。他市場の強調地合いが支援材料となり、特に海外原油の急伸に対する連想もあり、11時台に上げ幅を拡大した。RSS先限で191.6円まで急伸したが、原油の上げ一服、さらに明日発会する10月限のサヤを買う動きを踏まえると、買いにも慎重になったようだ。大型連休を意識して、東京ゴム市場での仕掛けも短期勝負の見込み。RSS期近5月限の190円を壁にするとみられるため、期先の買いも抑制されたと考えたい。

(東京トウモロコシ)
22日の東京トウモロコシは買い方不在の中、整理商いに急落。期先5月限は前週末比620円安の2万3120円。
夜間取引から値崩れを強いられていたが、週末の先限の下げ渋りがアダになったとみられ、先限中心に売られていた。週明けは上値の重さを嫌気して買い方不在の中、急落し、11過ぎに先限は2万3400円を割り込んだ。朝方の値位置から200円以上も急落し、期先のサヤは縮小へ。天候プレミアムの解消が影響したとみる。週明けのシカゴ安も売り材料となり、工業品市場の急伸とは対照的だった。人気がない分、下げ幅を大きくしたともいえる。14時過ぎには下げ幅を拡大し、朝方の水準から300円以上の下げにつながった。シカゴの週明けの軟調地合いから、夜間取引で東京の一段安も警戒へ。

(東京米国産大豆)
22日の東京一般大豆は変わらず。期先4月限は前週末と同じ4万9000円。
連休明けのシカゴ大豆は小幅上昇ながら、アジア時間帯でのダマシも多い。東京は全くの動意薄で、期先2限月の気配値が付かない状況に変わりなく、仕掛けようがない。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス