株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

東京金は4営業日で下落

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
商品市場情報

東京金は4営業日で下落

商品先物 有料マーケット情報
  • 2018/02/08
  • 齋藤
  • デイリーコメント

(東京原油・石油製品)
8日の東京原油・石油製品は海外原油の続急落を嫌気して大幅続落。原油期先7月限は前日比1000円安の4万1740円、ガソリン期先8月限は同970円安の5万8480円、灯油期先8月限は同1200円安の5万6890円。
海外原油の大幅安を受け、東京石油市場は連日の急落をみせ、前週末の水準から3500円前後の大崩れとなった。米EIAの月報、そして在庫統計と弱気な発表が続いたこともあり、失望売りが膨らんだようだ。日中取引では日経平均株価の上伸は支援材料になり切れず。再開したWTIが下押しの展開をみせたためで、NYダウの動きに関係なく、WTIが急落したこともあり、日経平均株価の上昇が支援材料になるとの理屈も成立しないのが現状といえる。10時半にかけてWTIは下げ幅を拡大し、東京石油市場も一段安へ。特に、週末から気温が上昇するとみられるため、灯油の急落が目立っていた。昼前から海外原油の戻りに合わせて下げ幅を縮小。昼過ぎに発表された中国の貿易統計で、中国の1月の原油輸入が過去最高を記録しているため、これが海外原油の自律反発をもたらす可能性もありそうだ。この貿易統計を踏まえると、戻り賛成も考慮しておきたいが、大勢の流れは下向きとみる。13時台に円安が進行したため、東京石油市場は下げ幅をさらに縮小した。
(東京貴金属)
8日の東京金は下げ止まらず。金期先12月限は前日比39円安の4617円、白金期先12月限は同25円安の3445円。
東京金は大幅安を強いられ、夜間では4603円の安値を示現。週明けの高値から140円以上も急落することになったが、米長期金利の上昇などを受けて、ドル高が急ピッチに進行したため。対円でのドル高は限定的で、NY金の急落がそのまま、東京金の圧迫要因になっていた。ドル高を受け、NY貴金属は全面安の展開となったことで、東京のその他の貴金属も大幅安を演じている。日中取引での東京金は午前が4610円台で値動きが中心だったが、昼前からNY金の軟化が影響して4600円台に値を消した。NY金はパラジウムや白金の値崩れに追随する格好で水準を切り下げ、東京金の下押しをもたらしていた。東京金・白金とも戻り売りは継続すべき。NY白金は昼以降、980ドルを下回っており、一段安が警戒される。13時台にドル高が進行し、NY金は前日の安値を下回った。14時台に入り、ドル高・ユーロ安は後退する一方、円安・ドル高が進行したため、東京金は13時台の安値から10円以上の戻りをみせた。
(東京ゴム)
8日の東京ゴムは総じて下落。期先7月限は前日比3.2円安の192.3円。
東京ゴムは朝方から軟調地合いを強いられたが、売り方不在も影響して下げは限定的。ただ、10時からようやく大きく値を消し、下げ幅を拡大した。上海ゴム安を確認したことで、投げにつながったようだ。そして10時半前に先限は192円を割り込んだ。その後、193円までの戻りを何度かみせるが、戻り切れず。下値も固く、上値も重いボックス圏で推移した。
(東京トウモロコシ) 
8日の東京トウモロコシは米農務省の発表待ち。期先1月限は前日比50円安の2万2530円。
東京トウモロコシは蚊帳の外に置かれ、夜間から玉次第を強いられていた。前日、シカゴ急伸や急ピッチの円安でも上げ渋りをみせ、再開したシカゴ高にも反応せず、値を崩したことから、先行き不透明さが強まり、3連休を前にして商いが見送られてしまったようだ。また、深夜2時に米農務省の需給報告を控えているため、それ待ちの商状だったともいえる。昼以降、ズルズルと値を消したが、手仕舞い売りが影響したとみる。割安な値位置で、米農務省の需給報告を迎えることになるが、内部要因の動きから下振れを警戒すべき。
(東京米国産大豆)
8日の東京一般大豆は動意薄。期先12月限は前日と変わらずの4万6410円。
前日の日中取引のシカゴ上伸の値位置から値崩れしたため、東京の修正安も予想されたが、全くの動意薄。日本時間深夜2時に米農務省の需給報告が発表されるが、これも材料にならないとみる。新甫2月限の発会待ち。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス