株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

東京金は大幅続伸

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • 小次郎講師のメールマガジン
  • 第3回TOCOMリアルトレードコンテスト
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
商品市場情報

東京金は大幅続伸

商品先物 有料マーケット情報
  • 2018/09/13
  • 齋藤
  • デイリーコメント

(東京原油・石油製品)
13日の東京原油・石油製品は反落。原油期先2月限は前日比180円安の5万1550円、ガソリン期先3月限は同120円安の6万5110円、灯油期先3月限は同150円安の6万9830円。
強気の米EIAの在庫統計を好感してWTIは一時71ドル台に急伸した。しかし、買いが続かず、71ドル台は一時的で、その後、高値から1ドル以上も値崩れするなど、今回も上ヒゲの長いチャートを形成している。海外原油の値崩れと円高を嫌気して、東京原油も上げ一服から小幅安で夜間取引を終えた。日中取引では海外原油の下落を嫌気して、東京原油は下げ幅を拡大した。特に上ヒゲの長いチャートを形成しているだけに、この下落で海外市場の下振れリスクが高まったと考えたい。今夜の海外原油、特にWTIの値崩れに注目したい。

(東京貴金属)
13日の東京金はドルベースの金急伸を好感して続伸している。金期先8月限は前日比28円高の4301円、白金期先8月限は同39円高の2863円。
東京金・白金ともドルベースの貴金属と非鉄の急伸を好感して続伸している。弱気な米経済指標を受けてドル安・ユーロ安が進行し、NY金の1210ドル台回復をもたらしたといえる。東京金は日経平均株価の上伸を好感した円安も材料にして朝方、4310円の高値を示現した。しかし、NY金の1210ドル割れをみせ、昼前に4300円を下回るなど、上げ一服へ。昼にはNY金の1210ドル台回復もあり、東京金は4300円台を回復した。金は高値からの値崩れもあったが、東京白金は高値水準を維持していた。非鉄の強調地合いが続いているため、NY白金が800ドル台を維持していた。予想外にNY白金は底固いが、期近10月限の整理売りはこれからが本番で、それを待って東京白金も値を消すことに。

(東京ゴム)
13日の東京ゴムは期近安・期先高。期先2月限は前日比0.3円高の167.6円。
東京ゴムは夜間取引で一段と上伸した。海外原油の一段高期待と上海上伸を好感して、打診買いが膨らみ、一時169.9円を示現した。日中取引でも堅調地合いを続け、10時半前に170.0円を付けた。170円台で段階的にまとまった売りがみられるだけに上値の重さを警戒して、次第に上げ幅を縮小した。当限の戻りの鈍さも圧迫要因に。13時前に期近がマイナス圏に値を消したため、先限も167円台に沈んだ。

(東京トウモロコシ)  13日の東京トウモロコシはシカゴ急落を嫌気して大幅続落となった。期先9月限は前日比410円安の2万3360円。
注目の米農務省の生産高予想はかなり弱気な内容となり、その発表を受けたシカゴコーンは急落した。そのシカゴ急落を無視して、東京は下げ渋りをみせていたが、次第に売り込まれ、2万3300円まで下落した。しかし、円高とシカゴ急落を踏まえると、まだまだ下げ足りない印象だった。日中取引でも下げ渋りは継続したが、投げとなる買い玉が限定的で、投げがないため、下げ渋ったと推測される。再開したシカゴコーンは小反発しており、それに過剰反応をみせ、2万3450円を示現したが、この戻りで投げ玉となる買いを誘うことに。シカゴコーンの軟調地合いの長期化を意識して東京トウモロコシの売りスタンスはそのまま。連休明けのシカゴコーンは急落必至とみる。

(東京米国産大豆)
13日の東京一般大豆は午後に入って売られる。期先8月限は前日比560円安の4万4000円。
東京一般大豆はバイカイのみの取引となった。前日はサヤ修正の動きから期央が急落したが、サヤ修正から見送りムードに。シカゴは知ったらしまいで上伸したが、再開後のシカゴは売り直されている。連休明けには大豆の収穫も意識されるだけに、東京の一段安必至とみる。午後に入って先限は値を崩した。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •