株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

東京石油市場は週明けの海外安と円高で値を消す

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • 小次郎講師のメールマガジン
  • 第3回TOCOMリアルトレードコンテスト
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
商品市場情報

東京石油市場は週明けの海外安と円高で値を消す

商品先物 有料マーケット情報
  • 2018/04/16
  • 齋藤
  • AMコメント

(東京原油・石油製品)
16日の東京原油・石油製品は週明けの海外安と円高で下落。11時現在の原油期先9月限は前週末比130円安の4万4230円、ガソリン期先10月限は同220円安の5万8880円、灯油期先10月限は同50円安の6万0380円。
週末にシリアに向けてのミサイル攻撃を米英仏が実施したことで、中東情勢のリスク後退の動きから、週明けの海外原油は一時急伸した後、急落し、高値から1ドル以上も下落している。典型的な知ったらしまいの相場つき。さらに円高も進行したため、東京原油は下落し、朝方の4万4500円台の水準から大きく値を切り下げ、夜間の安値を更新へ。円高が今後とも警戒される状況にあるため、当面買いが避けるべき。海外原油市場でもこれまで無視されてきた米国の原油増産が改めて売り材料になることもある。東京原油の4万4000円割れは目先、避けられないとみる。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •