株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

東京石油市場は売り直され、大幅安

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • 公開収録
  • メキシコペソ円取引開始
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • 投資詐欺にご注意
  • フラッシュプレイヤー
商品市場情報

東京石油市場は売り直され、大幅安

商品先物 有料マーケット情報
  • 2017/04/20
  • 齋藤
  • デイリーコメント

(東京原油・石油製品)
20日の東京原油・石油製品は海外原油の急落を映して大幅続落。原油期先9月限は前日比960円安の3万5880円、ガソリン期先10月限は同760円安の4万9190円、灯油期先10月限は同1020円安の4万7020円。
海外原油はストップロスの売りを伴って急落しており、それを映して東京も急落。夜間では原油期先は3万5500円割れをみせた。安値示現後、海外原油の自律反発を好感して下げ幅を縮小している。日中取引では円安気味の為替と海外原油の戻りを受け、9時半過ぎに原油期先は3万6000円を回復。しかし、13時以降、WTI期近6月限は51ドルを下回った。それまでの戻りが自律反発だったことの裏づけとなるが、値ごろ買いや打診買いにやや強引に買い進まれた東京は改めて売り込まれ、原油は朝方の安値を更新した。海外原油の値崩れの割りに下げ渋りをみせていた。ところで、東京ガソリンがGWを意識してやや強引に買い進まれていたが、時期尚早とみる。夜間では戻り売りスタンス継続すべき。
(東京貴金属)
20日の東京金は続落。金期先2月限は前日比10円安の4467円、白金期先2月限は同31円安の3393円。
東京金・白金とも続落しているが、ドルベースの水準切り下げが大きく影響したため。NY金のチャート悪化の兆しもみられ、ここにきて下値を切り下げている。目先は調整かたがた、1270ドルを試すことも想定しておきたい。NY白金は実勢悪から一段安となり、990ドル台が格好の売り場になったとみる。東京白金は3400円をまた下回ったが、まだ戻りを待って売り直したいところ。10時台にはNY金の下げ幅縮小もあり、東京金は戻りをみせ、4470円台半ばまで切り返したが、戻りは一巡へ。その後、NY金がまた売り直されたことで、昼には4470円割れとなった。
(東京ゴム)
20日の東京ゴムは一時急落も、引けにかけて急ピッチに下げ幅を縮小するなど、波乱の展開となった。期先8月限は前日比0.1円高の203.1円。
不安定な値動きだった。夜間では売られ過ぎ警戒からの出直りをみせたが、朝方は海外原油の急落を嫌気して上げ幅を縮小へ。10時台には円安・株高、そして当限での売り不在も手伝って先限は207.1円に急伸。しかし、当限の買い気配が出現し、それがかなり安値であると、期先の手仕舞い売りが膨らみ、マイナス圏に値を崩してしまった。内部要因の動きが中心だった。13時台にはWTIの値崩れをキッカケにして下げ幅を拡大へ。下押しのキッカケになったようで、高値からの値崩れもあり、買い方の手仕舞い売りを誘ったといえる。14時前には前日の安値を下回り、一気に198.0円の安値を示現。ただ、14時半からの戻りは急ピッチで、202円を回復するなど、下げ幅を圧縮した、期近限月が買い直されたためで、期先にかけて買い戻しが先行することに。15時台に期先のプラス圏回復もみせた。当限の上げ幅拡大が影響した模様。
(東京トウモロコシ) 
20日の東京トウモロコシは乗り換えの動きに先限が売り込まれる。期先5月限は前日比20円安の2万1080円。
シカゴマチマチの一方、円安気味の為替もあり、夜間から戻りをみせた。日中取引では先限の軟化が目立っていたが、乗り換えの売りを浴びたためで、内部要因が影響して水準を切り下げ、10時半前にマイナス圏に入った。昼前に何度か2万1070円を示現するなど、円安には逆行する動きをみせたが、玉の乗り換えによる内部要因の動きだけに仕方なし。昼以降、乗り換えの動きで買い戻しから下げ渋っていた3月限が水準を切り下げると、先限は売り込まれ、前場の安値更新した。午後に入ってもシカゴ小幅高や円安に対する反応はイマイチで、戻り切れず。
(東京米国産大豆)
20日の東京一般大豆はしっかり。期先4月限は前日比250円高の4万6830円。
夜間取引から期先は上伸したが、シカゴの戻りを好感したためで、売り方不在が戻り賛成に。今夜発表される米農務省の週間輸出成約高で、引き続き、弱い内容が示されると、シカゴの下押しが再燃するとみて、東京はやや強引に買い進まれた反動安を強いられるとみる。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •