株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

東京原油・石油製品は海外原油高で急反発

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
商品市場情報

東京原油・石油製品は海外原油高で急反発

商品先物 有料マーケット情報
  • 2019/05/20
  • 齋藤
  • AMコメント

20日の東京原油・石油製品は海外原油高で急反発。原油期先10月限は前週末比600円高の4万6690円、ガソリン期先11月限は同690円高の5万7590円、灯油期先11月限は同860円高の6万3520円。
週末にOPECプラスでの協調減産が先送りされ、週明けの海外原油・石油製品は急反発の動きを見せている。特に石油製品の上昇が大きくそれに海外原油は引っ張られる動きとなっている。WTIの7月期は週末の高値の63.82ドルを上抜き63.96ドルまで上昇している。東京原油も夜間では期先は4万5830円まで売り込まれる動きとなっていたが、週明けは一変してプラス圏戻り更に上昇する動きとなった。10時過ぎには海外原油の上げ拡大と円安の動きによって4万6840円まで上がり高値更新の動きとなっている。週末の会合に結果と中東情勢を踏まえると海外原油は高い水準となっているがまだ強い動きが続くと見ており、東京もこれにつられて動くと想定したい。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス