株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

東京原油・石油製品は大幅続伸

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
商品市場情報

東京原油・石油製品は大幅続伸

商品先物 有料マーケット情報
  • 2019/01/11
  • 齋藤
  • デイリーコメント

(東京原油・石油製品)
11日の東京原油・石油製品は大幅続伸。原油期先6月限は前日比630円高の4万0460円、ガソリン期先7月限は同700円高の5万1320円、灯油期先7月限は同1150円高の5万5950円。
海外原油の続伸と円安を好材料にして、東京原油は続伸している。東京夜間取引終了後に海外石油市場が値崩れをみせたため、東京原油は日中取引で上げ幅を縮小した。日中取引では下落したWTIの戻りもあり、4万円台を維持した。さて、海外原油の値崩れはNYガソリン安がキッカケだったが、ガソリンの需要低迷が認識されて、売り直されたとみる。さて、東京市場は週末から3連休に入るため、新規仕掛けのリスクの伴う状況だけに、全般に商いは低調だった。昼以降、WTIが52.50ドル台を回復するなど、下げ幅を縮小したが、52ドル台を維持したことによるテクニカルな買いが影響したようだ。そのため、東京原油も買い直されたものの、夜間の高値には至らず。

(東京貴金属)
11日の東京金は朝方の軟調地合いから戻り続伸へ。金期先12月限は前日比8円の4494円、白金期先12月限は変わらずの2867円。
ドル高を嫌気してNY金が反落しており、東京金の下落に。円安進行もあり、結果的にはボックス圏の動きちなった。日中取引ではドル安がまた再燃したため、NY金が1290ドル台を回復し、東京金は下げ幅縮小へ。金市場も3連休を前にして商いは低調だった。15日には英国でのイベントリスクも警戒されるが、東京は休場のため、それを意識したリスク回避ができないため、週明けの新規仕掛けが無難。パラジウムは上伸しており、4200円も間近とみる。さて、NY金の上伸が昼以降もみられ、12時半過ぎに東京金はプラス圏に転じる動きをみせた。ドル安がさらに進行したためで、引き続き、ドル・ユーロが決め手。

(東京ゴム)
11日の東京ゴムはマチマチの展開。RSS期先6月限は前日比0.3円高の1535円、TSR期先5月限は同0.5円安の153.5円。
朝方、時間外の上海安から軟調地合いを継続していたが、日経平均株価の上伸と円安、また連休前の買い戻しに東京ゴムはその後大きく買い直され、RSS先限で184円台も。連休明けには生産国会合が意識されるため、売り手控えムードも買いにつながったようだ。その生産国会合での価格支持政策を期待してか、当限は急伸し、サヤを買う動きをみせた。この当限の上伸は先限でのつなぎ売りが活発化する可能性もあるため、先限の上伸は短期的な売り場提供にも。

(東京トウモロコシ) 
11日の東京トウモロコシはシカゴ急落を嫌気して続落。期先1月限は前日比90円安の2万2780円。
シカゴコーンは急落しており、それを受け、東京トウモロコシは夜間取引から値崩れをみせていた。円安進行と再開したシカゴコーンの戻りもあり、下げ一服も、期先11月限は11時前に急落したため、先限がまた2万2700円を下回る展開に。連休前の様子見ムードの中、期先11月限の急落は足かせに。連休明けも11月限の動きから目が離せない。期先のサヤを買う動きは終焉したようだ。さて、昼に入って先限はまた買い直され、2万2800円台を回復しているが、再開したシカゴコーンが上げ幅を拡大したためとみる。

(東京米国産大豆)
11日の東京一般大豆は変わらず。期先12月限は前日と同じ4万7210円。
シカゴ大豆は知ったらしまいの利食い売りに急落したが、東京は全くの動意薄。バイカイのみの取引は連休明けも避けられそうもない。

 

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス