株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

東京原油は高値から大きく値を崩す

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • 小次郎講師のメールマガジン
  • 第3回TOCOMリアルトレードコンテスト
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
商品市場情報

東京原油は高値から大きく値を崩す

商品先物 有料マーケット情報
  • 2018/12/06
  • 齋藤
  • AMコメント

(東京原油・石油製品)
6日の東京原油・石油製品は高値から大きく値を消す。11時現在の原油期先5月限は前日比110円高の4万2000円、ガソリン期先6月限は同40円安の5万3010円、灯油期先6月限は同50円安の5万7730円。
東京原油は夜間取引で4万3310円の高値を示現したが、その後急落し、朝方から4万2000円割れをみせていた。NYダウ先物が急落しており、これが海外原油の再開後の下押し要因に。その株価急落はカナダで中国・ファーウェイのCFOが逮捕されたことがキッカケで、米中の緊張の高まりを警戒して株価が急落。日経平均株価も急落したことで、円高も進行し、石油製品はマイナス圏まで下落する場面も。OPEC総会よりも、株価の行方に神経質になりそうだ。また、OPEC総会での減産の動きに対して、トランプ米大統領がツイッターで減産しないように指摘しており、減産の程度次第では、失望売りにつながりそうだ。減産が決定した後のトランプ米大統領の動きや米EIAの在庫統計を意識すれば、夜間取引同様、戻りは売り場提供になるとみる。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス