株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

東京原油は波乱含みの中、反落

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • 小次郎講師のメールマガジン
  • 第3回TOCOMリアルトレードコンテスト
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
商品市場情報

東京原油は波乱含みの中、反落

商品先物 有料マーケット情報
  • 2018/07/11
  • 齋藤
  • デイリーコメント

(東京原油・石油製品)
11日の東京原油・石油製品は円高と海外原油の値崩れを嫌気して反落。原油期先12月限は前日比260円安の5万0970円、ガソリン期先1月限は同360円安の6万3510円、灯油期先1月限は同180円安の6万9010円。
中国に対する2000憶ドルの関税リストが公表されるとの情報が流れ、その後、NYダウ先物が急落し、円高も進行。NYダウ先物の急落を嫌気して、海外石油市場は値崩れを強いられ、ブレントは一時、77.60ドルの安値をつけた。朝方の東京原油は下げ渋りをみせ、5万1200円台を維持していたが、海外原油の急落を無視できず、9時過ぎから下げ幅を拡大し、朝方の高値から900円近く急落。その後は円安と海外原油の下げ幅縮小から、昼前に原油は5万0800円台を回復し、安値から500円以上の戻りをみせた。ブレントが早々に78ドル台を回復したこともあり、東京原油では昼以降、打診買いもみられ、下げ幅を縮小した。さて、夜間取引でもNYダウの動きに中心したいが、OPEC月報と米EIAの在庫統計も発表されるため、注目。ただ、世界の原油の供給不安から突っ込み買いを狙いたい。14時半前にブレントの戻りを好感して原油は5万1000円台を回復する動きをみせた。

(東京貴金属)
11日の東京金はNY金の値崩れと円高を受けて反落。金期先6月限は前日比22円安の4459円、白金期先6月限は同27円安の3008円。
夜間ではNY貴金属の急落局面を嫌気して東京金・白金とも急落したが、その後のNY貴金属の戻りと円安で、プラス圏まで回復する動きをみせた。しかし、夜間取引終了後の円高を嫌気して、改めて東京金・白金とも売り直され、マイナス圏に沈んだ。米国による中国への2000憶ドル規模の関税リストが公表されるとの情報が流れ、円高が急ピッチに進行した。NYダウ先物の急落もみられ、それを嫌気してNY銀や白金や非鉄が急落し金も追随安をみせた。10時台に円高とNY貴金属の急落が重なり、東京金は4443円、白金は2959円の安値を付けた。昼前には円安やNY貴金属の戻りを映して、金は4460円台、白金は3000円台回復もみせた。

(東京ゴム)
11日の東京ゴムは引けにかけて売り直される。期先12月限は前日比1.2円安の172.0円。
NYダウの急反落や円高進行を嫌気して、朝方は下値探りの展開をみせ、170円割れもみせた。ただ、当限の下げ渋りが影響し、他市場の急落局面では戻りをみせるなど、下げ渋りが顕著だった。昼過ぎに先限は173円台に乗せる場面も。13時以降、173円台で推移するなど、戻り歩調をより鮮明にして、プラス圏で推移した。ただし、173.5円の上値の重く、15時を前にして売り直された。先行き不透明ながら、増産期の安値示現はまだ先とみて、売りスタンスはそのまま。

(東京トウモロコシ)
11日の東京トウモロコシはシカゴ大幅続落と円高を嫌気して急落。期先7月限は前日比530円安の2万3270円。
シカゴコーンは大幅続落を演じ、一時、安値更新となった。米コーンベルトの生育に理想的な天候を嫌気して、高水準にある大口ファンドのロングポジションの整理商いが活発化したため。ただし、依然として高い水準に変わりなく、一段の整理売りは避けられず、シカゴコーンの先安懸念に変わりないだろう。東京は続落しているが、前日同様、値ごろ買いに支えられ、下げ渋りをみせた。しかし、再開後のシカゴコーンの一段安と円高を嫌気した売り物が膨らみ、2万3200円の安値をつけるなど急落を演じた。前日の下げ渋りや連日のシカゴ急落を踏まえると、この急落も仕方ない。ただ、シカゴの先安懸念に変わりはなく、売りスタンスは継続すべき。

(東京米国産大豆)
11日の東京一般大豆は小幅安にとどまる。期先6月限は前日比140円安の4万5000円。
再開後のシカゴ大豆は急落し、円高も進行した。下げ渋りをみせている東京の4万5000円割れも期待されたが、下げはイマイチ。4万4990円での買い気配もあり、下げは限定的。ただ、弱気な需給報告も想定されるだけに、大崩れも予想される。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •