株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

東京原油は急伸

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
商品市場情報

東京原油は急伸

商品先物 有料マーケット情報
  • 2019/04/17
  • 齋藤
  • デイリーコメント

(東京原油・石油製品)
17日の東京原油・石油製品は海外市場の上伸を好感して急伸。原油期先9月限は前日比680円高の4万7680円、ガソリン期先10月限は同530円高の5万9030円、灯油期先10月限は同610円高の6万5170円。
東京原油・石油製品は海外市場の急伸と強気の米APIの在庫統計を好感して大きく買い進まれた。強気のAPIの在庫統計を受け、朝方から夜間の高値更新の動きをみせ、上げ幅を拡大していた。1-3月期の中国のGDPに市場の関心が集まっていたが、強い内容だったこともあり、東京原油は上伸へ。しかし、円安にブレーキがかかり、海外原油の上げ一服から東京原油も上げ幅を縮小した。13時以降、ブレントの堅調地合いや日経平均株価の出直りもあり、買い直されたが、国内の需要増加観測も支援材料になっていたようだ。夜間では押し目買いが無難。

(東京貴金属)
17日の東京金はNY金の急落を嫌気して続落。金期先2月限は前日比18円安の4593円、白金期先2月限は同11円安の3177円。
東京金は一段と値を崩し、夜間取引では4575円の安値を示現した。米長期金利のさらなる急上昇を嫌気してNY金が急落したためで、1270ドル台に値を消した。日中取引ではNY金の自律反発の戻りもあり、東京金の下げは一服。11時に発表された中国の経済指標が強い内容だったこともあり、非鉄が急伸し、NY金は1280ドル台回復をみせた。円安も重なり、東京金は4595円まで水準を切り上げた。しかし、その後の円高とNY金の軟化もあり、昼過ぎには売り直され、4580円台前半に値を消していた。金ETFの減少傾向はまたみられるだけに、市場マインドの悪化から東京金の買いも当面は見送りべき。

(東京ゴム)
17日の東京ゴムはマチマチ。RSS期先9月限は前日比0.4円高の191.5円、TSR期先8月限は同0.4円安の172.2円。
時間外の上海ゴム安を嫌気して、東京RSSは朝方から売りを浴びて、先限は190円割れをみせた。ただ、190円割れでの新規売りや投げがイマイチ。下値は限られるとの観測から192.5円まで上伸する場面も。注目の1-3月期の中国のGDPが強い内容だったこともあり、発表後に192円台を再現したが、ゴムの需要につながらないとみて、ゴムの上昇は一服。191円を試す動きをみせたが、改めて192円台に戻すなど、底固い動きをみせた。週明け22日にRSS当限は納会を迎えるが、納会にかけてRSSの値崩れ待ちで、売りスタンス継続。

(東京トウモロコシ) 
17日の東京トウモロコシはシカゴの値崩れを嫌気して続落。期先5月限は前日比150円安の2万3880円。
シカゴコーンの反落と再開後のシカゴ続落を嫌気して東京は大幅続落を演じている。夜間で先限は2万4000円割れをみせたが、再開したシカゴの続落を受けて、2万3810円の安値を示現。その後は前日も高値から大きく値を消していたこともあり、下げ一服。今後とも期央限月の整理商い次第で、下振れも警戒しておきたいところ。

(東京米国産大豆)
17日の東京一般大豆は変わらず。期先2月限は前日と同じ4万9000円。
夜間取引にようやく5月限が発会したが、バイカイでの成立で、気配値は期先限月がみられない。一層、流動性が乏しい状況で、仕掛けられず。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス