株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

東京パラジウムは6300円示現

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
商品市場情報

東京パラジウムは6300円示現

商品先物 有料マーケット情報
  • 2019/12/11
  • 齋藤
  • デイリーコメント

(東京原油・石油製品)
11日の東京原油・石油製品は弱気な米APIの在庫統計を嫌気して日中取引で売られる。原油期先5月限は前日比70円安の4万0120円、ガソリン期先6月限は同150円安の5万3940円、灯油期先6月限は変わらずの5万6910円。
夜間取引では相変わらず弱材料に反応薄の東京原油だったが、清算値決定にかけてWTIやNYヒーティングオイルの急伸を好感して4万0400円台まで買い進まれた。その後の海外原油の下げにもイマイチ反応薄。ただ、夜間取引終了後に発表された米APIの在庫統計が弱い内容だったこともあり、発表後の海外石油市場は値崩れを強いられた。このため、朝方の東京原油の値崩れも想定され、実際、東京原油は夜間の終値水準から値を消して始まった。前日まで強引に買い進まれた東京ガソリンの値崩れに沿って、東京原油も売り込まれ、9時過ぎにはマイナス圏に入った。日経平均株価の下落や円高も圧迫要因に。WTIもその後、59ドルを割り込むなど、米EIAの在庫統計に対する懸念から下げ幅を拡大している。その割に東京原油の下げはイマイチで、連日の下げ渋りに変わりなし。欧州時間帯の値崩れが続いていることも留意したい。

(東京貴金属)
11日の東京金は反発し、白金は急伸して3200円台を回復している。金期先10月限は前日比13円高の5110円、白金期先10月限は同60円高の3211円、パラジウム期先10月限は同66円高の6295円。
東京市場は金以上に白金の急伸が目立っている。NY市場でのテクニカルな買いに加えて、南ア・インパラ社の2つの鉱山が20%から30%の電力供給の影響で操業停止に追い込まれたことから上げに弾みが付き、再び920ドル台に上伸し、東京白金は3200円を大きく上回った。ちなみに、NYパラジウムは5営業日連続で高値を更新し、東京パラジウムも続伸している。金は5120円台まで一時上昇したが、NY金の値崩れもあり、上げ幅を縮小している。さて、東京白金は朝方、3220円台から一気に3190円台までの値崩れをみせたが、NY白金の調整安が影響したとみる。昼過ぎには3210円台後半まで出直りをみせた。14時台に白金は3220円台半ばまで上伸したが、その後は上げ一服。南ア・インパラ社の鉱山の操業停止の動向が夜間取引でもポイントになる。

(東京ゴム)
11日の東京ゴムはヤレヤレの売りを浴びて下落。RSS期先5月限は前日比0.2円安の198.2円。
夜間では値を消していたが、日中取引では買い直され、夜間の高値更新もみせた。ただ、日経平均株価の値崩れをキッカケにして買いは後退して、軟調地合いに逆戻り。全般に商いは極めて低調に。昼に入って上値の重い展開からヤレヤレの売りを浴びて先限は197円割れもみせた。積極的な売りを浴びた訳でもなく、利食いの売りが重石に。新規売りが限定的なこともあり、下げもイマイチ。それでも、取引水準を切り下げており、チャートの形は良くないが。引けにかけて198円台に戻しているが、低調な商いに変わりなし。

(東京トウモロコシ)
11日の東京トウモロコシは薄商いの中、逆ザヤ修正で先限が上伸。期先11月限は前日比110円高の2万3550円。
注目の米農務省の需給報告は物足りない内容だった。ただし、小麦の上伸をキッカケにしてシカゴコーンは買い進まれ、反発へ。円安も進行したため、東京トウモロコシは朝方から買いが先行。週末の期近1月限の納会を前にして、先限は逆ザヤ修正から一時値を跳ばし、2万3650円を示現。ただ、再開したシカゴ安もあり、修正による急伸は一時的にとどまった。新規仕掛けは週明けの新甫1月限の発会を待ってからのムードもあり、週末にかけて様子見ムードが支配的に。

(東京米国産大豆)
11日の東京一般大豆は値付かず。
シカゴ大豆は6営業日連続で上昇しているが、これまでの5営業日連続の上昇と異なり、高値更新に至らず。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス