株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

東京トウモロコシは続騰

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
商品市場情報

東京トウモロコシは続騰

商品先物 有料マーケット情報
  • 2019/05/29
  • 齋藤
  • デイリーコメント

(東京原油・石油製品)
29日の東京原油・石油製品は海外市場の値崩れを受けて反落。原油期先10月限は前日比550円安の4万3330円、ガソリン期先12月限は同660円安の5万3100円、灯油期先12月限は同480円安の6万0110円。
東京原油は夜間取引で4万4000円台を示現したが、NYダウの急落に追随して海外市場が軟化したため、結果的にマイナス圏に値を消して夜間の取引を終えた。日中取引では海外市場の軟化と円高を嫌気して、下値探りの展開を継続した。昼前には海外石油市場の一段安を映して、東京原油は夜間の安値を更新した。WTIは58.50ドル割れを果たしたが、日柄国の原油の供給過剰を踏まえると58ドル割れも十分考えられるだけに、東京原油の4万3000円割れもありそうだ。明朝発表される米APIの在庫統計にまずは注目。

(東京貴金属)
29日の東京金はNY金安を映して続落。金期先4月限は前日比16円安の4493円、白金期先4月限は同55円安の2807円。
NY金の値崩れと円高気味の為替を受け、東京金は続落し、4500円を下回った。日中取引では4500円を回復することはなく、4490円台で推移した。白金は円高とNY白金安のダブルパンチで急落し、2900円を回復できず、2800円割れも時間の問題とみる。再開したNY金は戻りをみせているが、NYダウ先物の一段安のヘッジとして買い進まれているようだ。ただし、金の戻りは自律反発とみるべきで、1280ドル割れも想定されるだけに、値ごろ買いは禁物。

(東京ゴム)
29日の東京ゴムは玉次第。RSS期先11月限は前日比0.4円高の193.0円、TSR期先11月限は同0.4
円安の161.6円。
時間外の上海ゴムを好感して、RSSは朝方から上伸へ。ただ、期近限月の220円が大きな壁になっており、新甫発会したばかりの先限も前日の高値である194.0円を上抜けず、昼前にマイナス圏に値を沈めた。その後、一層、狭いレンジで推移しており、玉次第の展開を鮮明にした。今後とも狭いレンジでの取引が予想される。

(東京トウモロコシ)
29日の東京トウモロコシは大幅続伸し、2万5000円台に乗せる。期先5月限は前日比680円高の2万5460円。
東京の夜間取引に入ってもシカゴコーンは上げ幅を拡大したが、東京トウモロコシの反応はイマイチ。シカゴコーンは2営業日合計で32セント前後も急騰したが、それに見合う急伸を東京がみせたともいえず。注目の米農務省による作付進捗率がシカゴ引け後に発表されたが、全米平均は58%で、事前予想下限を下回る内容だった。この強い内容を好感して東京は夜間の高値更新して始まり、2万5000円台に乗せた。再開したシカゴコーンは10セント以上も急伸したため、東京は一段と買い進まれ、2万5390円を示現。ただ、シカゴコーンの上げ幅縮小に東京は過剰反応をみせ、高値から200円以上も軟化する場面も。再開後のシカゴの続騰を踏まえると、物足りない上昇にとどまっているが、東京市場の高値警戒の動きは相変らず。昼にシカゴ大豆の上げ幅拡大を好感してシカゴコーンも戻りをみせ、東京は2万5400円を示現した。

(東京米国産大豆)
29日の東京一般大豆は変わらず。期先4月限は前日と同じ4万9000円。
シカゴ大豆の連騰がみられ、再開したシカゴ大豆も大幅続伸し、期近7月限は8.80ドル台に急伸。ただ、東京は全くの動意薄。シカゴ大豆が9ドル台から8ドル割れを演じた時も動意薄だったが、9ドル台に回復していないため、まだ東京の値位置は割高といえる。いずれにせよ、気配値の開きからみて、打診的な仕掛けは困難。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス