株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

東京トウモロコシは続伸

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
商品市場情報

東京トウモロコシは続伸

商品先物 有料マーケット情報
  • 2019/05/21
  • 齋藤
  • デイリーコメント

(東京原油・石油製品)
21日の東京原油・石油製品は反落。原油期先10月限は前週末比400円安の4万6160円、ガソリン期先11月限は同240円安の5万7150円、灯油期先11月限は同160円安の6万3250円。
本日の東京原油・石油製品は夜間立会から海外原油・石油製品安を受けて東京原油・石油製品は反落の動きとなった。ただ日中立会に入って海外原油・石油製品の反発と円安で東京は下げ幅を縮小する展開に。東京原油の期先10月限は4万5780円まで下がる動きを見せたが日中では4万6290円まで戻る動きを見せた。海外原油の反発は明日の強気な在庫統計を好感しており、サウジのリスクもくずぶっていることから海外原油の高い水準は想定しておきたい。WTIの前日の高値は63.96ドルとなっており、本日は63.61ドルまで上がる動きを見せている。高い水準を保っているだけに今後も高値更新の可能性も。東京原油の前日の高値は4万6840円とここ最近の高値となっているが目先はこの水準を超えるか注目したい。

(東京貴金属)
21日の東京金は小幅反発。金期先4月限は前日比1円高の4507円、白金期先4月限は同16円安の2896円。
本日の東京金は小幅反発の動きとなった。夜間立会で4500円を割れる動きとなったがその後は4500円台を回復する動きとなった。NY金が今のところ下げ一服の動きとなっているが戻りの動きにもなっておらず狭いレンジ内の動きに。まだドル高の動きや6月の玉整理を踏まえると弱い動きになりやすく下振れも警戒したい。東京も4500円前後でのレンジの動きを想定したい。東京白金は5営業日連続で下落する動きとなった。前日に安値圏で2900円割れの動きとなったが、本日は引け値ベースで2900円を割れて弱い動きが続いている。NY白金の下げも止まらず800ドル割れが視野に入ってきている。実勢悪の状況は変わらずとなっているので800ドル割れは通過点と見ており、東京も2850円割れも想定したい。

(東京ゴム)
21日の東京ゴムは急反発。RSS期先10月限は前日比3.8円高の194.3円、TSR期先11月限は同1.4円高の164.1円。
本日の東京ゴムは夜間立会では小幅高で推移していたが、日中立会で期近を中心に急反発する動きとなった。日中立会の寄付きはそれほど動きはなかったが場が進むうちに徐々に上げ幅を拡大してRSSの期先10月限は9時過ぎに193.7円まで上がる動きとなった。上海ゴムも時間外ではマイナス圏で推移していたが10時からの取引では切り返しの展開となってプラス圏で推移。14時過ぎには上海ゴムの上げ幅拡大に伴い東京ゴムも194.4円まで買い進まれた。昨日・今日と190円割れ近くまでの下げを見せるが割らずに逆に本日は急反発。増産期に向けて売り上がりたいところだが直近高値の195.5円を超えると200円まで上値目標がなくなってくるので注意したい。

(東京トウモロコシ)
21日の東京トウモロコシは続伸。期先5月限は前日比120円高の2万4210円。
本日の東京トウモロコシは5営業日連続で上昇する動きとなっている。高値は2万4240円まで上がり2万4500円を目指す動きとなっている。再開したシカゴコーンが期先7月限が3.94ドルまで続伸している。東京もこのシカゴ高が支援材料となって高値更新の動きとなった。シカゴは産地の深刻な作付け遅れで続伸の動きとなており、今週も降雨の予報となっているので改善には厳しい状況が続いている。まだ強い動きが想定されシカゴは4ドル、東京は2万4500円を試す動きを想定したい。

(東京米国産大豆)
21日の東京一般大豆は変わらず。期先4月限は前週末と同じ円の4万9000円。
本日の東京一般大豆は相変わらずの動意薄となっている。再開したシカゴ大豆はシカゴコーン高につられ続伸し期近7月限は8.40ドル台を超える動きを見せたが、その後は8.40ドル台を再び下回る動きとなっている。コーンの作付け遅れによって大豆へのシフト懸念が台頭してるだけに上値は追えない状況となっている。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス