株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

東京ゴムは踏み上げに急伸

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
商品市場情報

東京ゴムは踏み上げに急伸

商品先物 有料マーケット情報
  • 2019/12/05
  • 齋藤
  • デイリーコメント

(東京原油・石油製品)
5日の東京原油・石油製品は海外原油急伸を好感して大幅高を演じた。原油期先5月限は前日比860円高の3万9430円、ガソリン期先6月限は同990円高の5万3310円、灯油期先6月限は同910円高の5万6200円。
海外原油の急伸や円安を好材料にして東京原油は急伸し、先日の安値から2000円近くも一気に買い直された。OPEC総会を前にして、協調減産の延長や減産幅拡大観測が再燃したため。ただ、再開したWTIの下落もあり、日中取引の東京原油の上げは一服。WTIの軟調地合いの割に下げ渋りをみせていたが、日経平均株価の上伸を映して円安が進行したため。昼以降、円安一服も、東京原油の下げ渋りは相変わらず。注目のOPEC総会は日本時間23時から24時に予定されている。6日のOPECプラスに結論が先送りされるとみられており、ロシアの動向がポイントになるため。ただ、OPEC産油国は足並みを揃えることになりそうだ。日量40万バレルの追加減産まで、この急伸で織り込んでいるとみるべきで、前日までの悲観的ムードを加味すれば、また下振れも警戒すべき。

(東京貴金属)
5日の東京金は引けにかけて戻りをみせたが、白金は急反落。金期先10月限は前日は変わらずの5159円、白金期先10月限は同31円安の3158円、パラジウム期先10月限は同46円高の6202円。
東京白金は急反落し、高値から60円以上の下げをみせた。NY白金は清算値決定後に900ドル割れを果たしており、実勢悪に加えて、NY白金の期近1月限の整理商いが影響したとみる。東京白金は3200円の戻りが格好の売り場提供に。日中取引では3150円台で推移していたが、NY白金の戻りもイマイチで、なお売り有利の展開とみる。金は軟調地合いながら、昼にかけて戻りをみせ、下げ一服。中国のウイグル人に対して米議会では人権法案が可決しており、また米中のリスクが高まりつつある。それを考慮すれば、金の突っ込み買いが無難では。米雇用統計で下押しすれば買い場になりそうだ。パラジウムが上伸し、6200円台ながら通過点とみる。金は引けにかけてNY金の上げ幅拡大を受け、変わらずまで戻している。

(東京ゴム)
5日の東京ゴムは急伸し、午後に上げ幅拡大。RSS期先5月限は前日比9.3円高の198.0円。
時間外の上海ゴムの上伸やNYダウの反発もあり、朝方から東京ゴムが買い進まれ、191.6円の高値を付けた。ただ、上値追いの買いが早々に一巡し、10時前には189円台まで値を消した。朝方の安値を下抜け、189.0円まで軟化。その後、190円台回復したものの、190円を挟んでの売り買いに。かなり大きくサヤを買われているため、さらなるサヤ幅拡大には警戒しているため、上値の重い展開に。ただ、昼に入って買い物が膨らみ、12時半過ぎに前日の高値を更新している。13時台には踏みを誘って上げ幅を拡大した。その後も数百枚単位の買い煽りがみられ、一気に198円を上回った。週末には200円を意識した展開とみるが。

(東京トウモロコシ) 
5日の東京トウモロコシはシカゴ安を受けて一時急落するものの、引けにかけてプラス圏か回復をみせるなど、強引な戻りをみせた。期先11月限は前日比170円安の2万3530円。
夜間取引ではシカゴ安に全く反応せず、下げ渋りをみせていたが、日中取引では先限の売りが先行し、昼前に2万3600円を割り込んだ。前日の安値をようやく下回ったが、前日、引けにかけて強引な戻りをみせた分、物足りない下げに変わりなし。14時台に入って先限はさらに戻りをみせ、またシカゴ安を無視した展開に。日本時間11日深夜2時に発表される需給報告でのシカゴ一段安を期待して、売りのまま週末を迎えたい。

(東京米国産大豆)
5日の東京一般大豆は値付かず。
シカゴ大豆の自律反発が続いているが、シカゴコーンとは様相が異なり、支援材料になっていない。目先は週間輸出成約高が注目されるが、さらなる戻りも自律反発に過ぎないとみる。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス