株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

東京ゴムは続落し、新甫4月限の発会待ち

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
商品市場情報

東京ゴムは続落し、新甫4月限の発会待ち

商品先物 有料マーケット情報
  • 2018/10/25
  • 齋藤
  • デイリーコメント

(東京原油・石油製品)
25日の東京原油・石油製品は株価急落と円高、ブレント続落を受けて続落している。原油期先3月限は前日比560円安の5万1240円、ガソリン期先4月限は同920円安の6万4590円、灯油期先4月限は同630円安の6万7130円。
NY株式市場の急落によって円高が進行、さらに指標となるブレントの大幅続落もあり、前日、海外原油急落がなかったような戻りをみせた東京原油は一段安を強いられた。夜間の高値から1000円以上も急落したが、前日の強引な戻りに対する修正安を踏まえると、まだまだ物足りない下げといえる。日中取引で東京原油は下げ幅を縮小して始まったが、一段の円高と海外市場の値崩れよりも、値ごろ買いが勝ったためとみる。9時台に入って日経平均株価が急落し、さらに円高が進行したため、原油はようやく夜間の安値を更新。何度か5万1000円割れをみせたものの、日経平均株価の下げ幅縮小で円安がやや進行、NYダウ先物の上伸を好感して海外原油の下げ幅が縮小したため、昼前から5万1000円台で推移していた。株価がまた売り直されても、また下げ渋りをみせるようになっていた。14時半過ぎに海外市場がやや大きな戻りをみせたことで、原油は5万1000円台の水準から戻りをみせた。

(東京貴金属)
25日の東京金は株価急落のヘッジで買われ、女真。金期先8月限は前日比7円高の4447円、白金期先8月限は同12円安の2982円。
NY株式市場の急落を受けた円高を嫌気して、東京金は夜間取引で下落していた。日中取引ではNY金の急伸を好感して戻りをみせ、昼過ぎには夜間の高値を更新し、上げ幅を拡大していた。NY金の1240ドル台の動きと円安が重なったため。白金はまだ軟調地合いだったものの、この金の動きを好感して下げ幅を縮小していた。NY金は先日の高値である1243.0ドルを上抜くかどうか注目。株価急落の流れからみて、ストップロスの買いがヒットして、1250ドルを試す可能性も秘めていると考えたい。

(東京ゴム)
25日の東京ゴムは続落。RSS期先3月限は前日比1.8円安の165.0円、TSR期先4月限は同1.5円安の149.3円。
NY株式市場の急落と円高を嫌気して、東京ゴムは朝方売られ、RSS先限は165.0円を示現した。10時過ぎにようやく下げ幅を拡大し、164円台へ。163.0円まで急落したが、新甫発会でのサヤ滑りを先取りした値崩れともいえる。ただ、163円台の下げは長続きせず、昼前にには164円台に水準を切り上げた。明日の新甫発会ではまた売り直されるとみる。順ザヤ相場のため、長い目でみれば、まだまだ売り有利の相場つきである。ひとまず、新甫発会に合わせたサヤ滑りを期待したい。

(東京トウモロコシ)
25日の東京トウモロコシは円高とシカゴ安で下落するものの、下げはイマイチ。期先11月限は前日比70円安の2万4760円。
円高・シカゴ安を受け、東京トウモロコシは夜間で下落しているが、反応はイマイチ。前週のシカゴ急落を無視した相場つきをみせているだけに、割高な値位置の解消から、2万4500円割れでもおかしくはないが。日中取引のトウモロコシは円高もあり、下げ幅を拡大したが、長続きせず。昼前に期央限月の下げ幅拡大に合わせて売り直されたものの、先限の下げはイマイチ。このまま、下げ渋りのままで週末を迎える可能性もあるが、割高な値位置は否めず、月末にかけての反動安も予想したい。

(東京米国産大豆)
25日の東京一般大豆は午後に入って急落。期先10月限は前日比610円安の4万4400円。
14時半過ぎに期先が急落し、揃って4万5000円を下回った。予想していなかった中での大幅安で、8月限は2400円も急落し、期先は同値となった。シカゴ大豆の下げと円高を踏まえると、仕方ないが、様子見スタンスはそのまま。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス