株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

東京ゴムは期先中心に値を消す

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

株式会社フジトミ 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在は株式会社フジトミにて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
商品市場情報

東京ゴムは期先中心に値を消す

商品先物 有料マーケット情報
  • 2019/05/22
  • 齋藤
  • デイリーコメント

(東京原油・石油製品)
22日の東京原油・石油製品は弱気な在庫統計を嫌気して下落。原油期先10月限は前日比330円安の4万5830円、ガソリン期先11月限は同320円の5万6830円、灯油期先11月限は同410円安の6万2840円。
朝方、米APIが発表した在庫統計は前週に続き、期待に反して弱い内容となり、東京原油は朝方から売り直された。今夜発表される米EIAの在庫統計に対する警戒もあり、4万6000円割れも仕方ない。ただ、円安進行もあり、東京の下げ渋りが目立っていた。米EIAの在庫統計では、在庫水準に加えて、米国の原油生産と石油需要に注視したい。サウジリスクを材料にした買いたいスタンスが目立っているが、その間に米国の潤沢な供給が拡大しており、海外原油はチャートの悪化も手伝って一段安も留意したい。13時台の円高進行で、東京原油は下げ幅を大きくした。

(東京貴金属)
22日の東京金は円安を好材料にして上伸。金期先4月限は前日比5円高の4512円、白金期先4月限は同8円安の2888円。
NY金は一段安を強いられ、1270ドル割れもみせたが、東京金は円安を支援材料にして4500円台を維持し、上伸へ。再開したNY金は狭いレンジながら、またマイナス圏に値を消すなど、NY金の下値探りを留意すべきで、買っても短期勝負が無難。白金は戻り切れず。2900円台での売り上がりスタンスはそのままで、NY白金の800ドル割れも避けられないとみる。13時台に米中の貿易摩擦を警戒して円高が進行し、東京金はさらに上げ幅を縮小したが、白金は下げ幅拡大へ。

(東京ゴム)
22日の東京ゴムは。RSS期先10月限は前日比2.8円安の191.5円、TSR期先11月限は同0.6円安の163.5円。
東京ゴムは朝方から期先が下落し、次第に下げ幅を拡大していった。期近は朝方上伸も、その後は上げ幅を縮小した。生産国の輸出規制が実行されたため、目先は知ったらしまいの展開で、期先は増産期を警戒した動きをみせたといえる。増産期の荷圧迫は避けられないためで、再び売り有利の展開になるとみる。14時半過ぎに192円割れをみせたが、190円割れも時間の問題とみる。

(東京トウモロコシ)
22日の東京トウモロコシはシカゴ続伸や円安に全く反応せず。期先5月限は前日比30円の2万4180円。
前日同様、東京トウモロコシの上値が重くなっており、円安やシカゴ続伸に反応薄。再開したシカゴコーンがさらに上伸したが、東京はサッパリ。前日の上げ渋りとシカゴ続伸、円安を考慮すれば、2万4500円台乗せでおかしくはなかったが。シカゴが目先の高値示現を演じたと東京市場の参加者の多くがみているようで、買い人気はイマイチ。日中取引の上げ渋りの反動高はこれから。シカゴ市場ではまたファンドが売り越しており、さらに買い戻しをみせるとみておくべきである。上げ足りない東京トウモロコシの修正高はまだまだこれから。

(東京米国産大豆)
22日の東京一般大豆は変わらず。期先4月限は前日と同じ4万9000円。
シカゴ大豆は作付シフト懸念から急反落し、前週の高値を上抜けず。8.50ドルがかなり大きな上値抵抗になっているが、一方で大豆自体の作付遅れも今後、深刻な状況になりそうで、8.00ドルの大台維持へ。東京は出番なし。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス