フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

ドバイ原油は夜間取引から大幅続落

アナリスト プロフィール

齋藤和彦(Kazuhiko Saito)

フジトミ証券株式会社 情報サービス室
チーフアナリスト

独自の情報収集に基づく市場分析は業界屈指の実力。
日本大学大学院国際関係研究科を卒業後、商品先物取引業界に身を投じ、その才能を開花。
国内投資顧問会社にてシステムトレーダーとして実際にトレードに参加。現在はフジトミ証券株式会社にて情報サービス室長「マーケット情報」の執筆を担当。日経CNBCをはじめ多数のメディアへ出演するなど幅広い方面で活躍中。
多くのファンに支持されております。

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
商品市場情報

ドバイ原油は夜間取引から大幅続落

  • 2022/08/05
  • 齋藤
  • AMコメント

(原油・石油製品)
5日の中東産原油はダブルパンチを浴びて大幅続落。11時時点でドバイ原油の中心限月12月限は前日比2320円安の7万0800円。
海外原油の大幅続落と円高のダブルパンチを浴びて、ドバイ原油も夜間取引から3000円以上の急落を強いられた。ガソリン価格が急落しているにもかかわらず、米国のガソリン需要が低迷している。ドライブシーズン本番だけに、リセッションが影響しているとみられ、NYガソリンは連日の大幅安を演じ、海外原油の値崩れにつながった。WTI原油は期近ベースで今年2月初旬以来の安値水準まで急落している。産油国の供給不安よりもリセッションによる石油需要の悪化が懸念され、新たな下降トレンド形成も伺える。長期トレンドの節目である200日平均線も下回った。さて、ドバイ原油はこれまで強引に買い進まれたり、下げ渋りをみせたり、割高な値位置を形成していた。国内市場での先高期待が根強いためだが、これは思惑に過ぎず、結果的に割高な値位置の反動もあり、夜間取引からの3000円以上の下げにつながったといえる。朝方は円高がさらに進行したため、12月限は9時前に6万9450円まで急落した。しかし、9時以降、円安が進行し、海外原油も戻りをみせたことで、アッサリ7万円台を回復している。10時に入って円安が進行したことで、朝方の安値から1000円以上も買い直されることになった。10時半以降、海外原油のプラス圏回復が影響し、さらに戻りをみせた。

一覧へ戻る

※当ページの内容はあくまで商品先物取引に関する情報提供を目的としたものですが、内容の無断掲載や引用等は固く禁じます。

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス