株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

FX取引の魅力 その1スワップ

くりっく365TOP

1.はじめてのお客様へ

FX取引の魅力 その1スワップ

「皆様、こんにちは」

今回はFX取引の魅力の一つである「スワップポイント」についてです。

外貨預金を行った場合、通常であれば金利が発生します。その金利に該当するものがスワップポイントです。FXは2つの通貨を交換するもので、本来、その通貨で保有していれば得られたはずの金利があるはずです。たとえば、手元に100万円持っていて利回りが0.1%と仮定すれば1,000円が金利として受け取れる計算になります。また、利回りが0.25%と仮定すれば受け取れる金利は2,500円です。

FXは通貨を交換する取引なので、ドルを運用することによって得られる金利(預入金利)と、ドルの対価である円を借り入れるための金利(借入金利)の差額がスワップポイントになります。
例えば、米ドルの預金金利が2,500円で、円の借入金利が1,000円だった場合、差引1,500円がスワップポイントになります。
(※上記の計算例は例示であり実際のスワップポイントとは異なります)

※自国通貨(日本であれば円)で米ドルを買うことは、実質的に米ドルと円を交換(スワップ)することです。

STEP1金利が高い通貨を持っているとスワップポイントを得られる

仮に米ドル/円を買った場合、日本と米国では米国の方が高金利なので、 米国の金利から日本の金利を引いた分だけ、スワップポイントを得ることができます。
逆に米ドル/円を売った場合は、日本の金利から米国の金利を引くので金利差はマイナスとなり、その差額分を支払わなければなりません。
例えば、1枚(10,000ドル)の売買で米ドル/円は買スワップポイントが10ポイント、売スワップポイントが-10ポイントであったとすれば、それぞれ当日のニューヨーククローズ時間にポジションを保有していると買いの場合は10円が受け取れ、売りの場合は10円を支払うことになります。

STEP2ちりも積もれば山となる

スワップポイントは毎営業日(ニューヨーククローズ時)に計算されます。
前述の例では10円ですが、それが毎日になると大きなものになっていきます。
仮に、米ドル/円の買いを1枚(10,000ドル)分保有した場合、1年で得られるスワップ金利は10円×365日なので、3,650円になります。

逆に売っていた場合、3,650円を支払わなければなりません。
さらに高金利通貨と低金利通貨の売買を行った際にはもっと大きなスワップポイントが発生します。

たとえば、政策金利が7.5%もあるトルコリラと日本円の売買を行った際、そのスワップ金利は1枚(10,000トルコリラ)あたり125円です(2015年5月11日分)。
トルコリラ/円の買いポジションを1年間保有していれば45,625円がスワップポイントとして手に入ります。逆に売っていた場合、45,625円がスワップポイントとして引かれます。

STEP3マイナススワップには要注意!

スワップポイントがプラスの場合は保有しているだけでスワップポイントが付きますが、スワップポイントがマイナスの場合、金利の支払いが生じます。
このマイナス金利には注意が必要です。

たとえば、トルコリラ/円のレートが今から1円高になると予測し、1枚売ったとします。
予想通り、1円の円高になったとすれば、1円×10,000リラで10,000円が売買差益となります。
しかし、売りポジションであるため、1日あたり125円のスワップ金利と仮定し円高になったのが1ヶ月後であったとすれば、125円×30日で3,750円が引かれる計算になるので、利益は6,250円となります。

STEP4スワップポイントを調べる

政策金利とスワップは実際の取引を行う前によく調べておかなければなりません。
極端に政策金利が離れている通貨であればそれほど気にする必要はないかもしれませんが、 あまり政策金利に変わりがなく、近い将来変化がありそうな通貨ペアであれば特に注意が必要です。
現時点ではプラスのスワップポイントであったものが、近い将来マイナスに変わる可能性もあり、そうなるとメリットであったスワップポイントがデメリットになります。

> スワップポイントはこちらからご覧いただけます。 <

お問い合わせ

本社(インターネット・コンサルタント)
大阪(コンサルタント)
セミナーで一緒に勉強しませんか?

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス