株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

スワップの魅力

くりっく365TOP

2.FXの取引経験をお持ちのお客様へ

スワップの魅力

「皆様、こんにちは」

今回は、くりっく365の最大の魅力であるスワップについて詳しく見ていきます。
スキャルピングしか行わない方や、各社のスワップの違いを
良くご存じの方は読み飛ばしてください。

STEP1スワップポイントを比較する

くりっく365と店頭FX会社のスワップポイントを比較すると下の表のようになります。

スワップポイントの違い

米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、NZランド/円、南アフリカランド/円の6通貨でくりっく365が高スワップであることが解ります。
特に高金利通貨である南アフリカランド/円におけるスワップポイントの違いは大きく「くりっく365」が150円だったのに対して店頭FX会社37社の平均は87円と大きく開きが生じています。

STEP2年利換算してみる

スワップポイントを金利と考え南アフリカランド/円を1枚(10万通貨)分、1年間保有した場合の金利を計算してみましょう。
(注:価格の変動はなく、毎日同じ金額のスワップポイントが加算される前提)

■くりっく365

150円 × 365日 = 54,750円

■店頭FX(37社平均)

87円 × 365日 = 31,755円

1年後、「くりっく365」と店頭FX(37社平均)におけるスワップポイントの開きは22,995円にもなります。
この22,995円を南アフリカランド/円のレートで考えると0.22995円なので、同じ10万通貨分のポジションを買いで保有するのであれば圧倒的に 「くりっく365」の方が有利だと言えます。

STEP3スワップポイントをアドバンテージとして捉える

先ほど計算したように「くりっく365」で南アフリカランド/円を1枚(10万通貨)分、1年間保有した場合、年間54,750円分のスワップポイントが付くということは大きなアドバンテージが得られるとも考えられます。
54,750円をレートとして考えれば0.5475円です。
損益分岐点を0.5475円分下に下げることができるということはそれだけ投資戦略が有利に働くということです。

お問い合わせ

本社(インターネット・コンサルタント)
大阪(コンサルタント)
セミナーで一緒に勉強しませんか?

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス