株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

FXってどんな取引?

くりっく365TOP

1.はじめてのお客様へ

FXってどんな取引なの?

「皆様、こんにちは」

このページは、FXに興味はあるけれど経験がない方や、
これからFX取引をやってみようと
お考えの方を対象に作成しております。

初心者の方でも解りやすいよう、専門用語は極力使用しないで作成しましたが、一部読みにくい部分があるかも知れません。
 FXは専門の高度な知識が無くても少額からはじめられる取引です。どんな取引なのか一緒に勉強していきましょう。

STEP1FXとは・・・

FXとは、Foreign Exchangeの略でForeignの"F"とExchangeの"X"を繋げてFX(エフエックス)と読みます。日本語では「外国為替証拠金取引」といいます。

FXを簡単に説明すると、2つの通貨を交換することによって利益を求める取引です。
私達が普段日本で利用している通貨は「円」ですが、アメリカ合衆国の通貨である「ドル」やヨーロッパ(EU加盟国)の通貨である「ユーロ」など、世界中に色々な通貨が存在します。

普段利用している日本の「円」は一部の地域を除いて、海外で利用することはできません。
例えば、ハワイに旅行に行く際は、手持ちの「円」をアメリカの通貨である「ドル」に交換(両替)します。

このように、通貨と通貨を交換する比率を為替レートといいます。

STEP2円高・円安ってどっち!?

1ドル=100円だった為替レートが、1ドル=90円になることを円高といい、逆に1ドル=110円になることを円安といいます。

もう少し解りやすいようにモノで説明するとコーラ1缶が1ドルだった場合、1ドル=100円であればコーラは100円で購入できます。為替レートが1ドル=90円になれば、90円支払えばコーラを購入できますが、1ドル=110円になれば110円支払わなければ購入できません。
これまで100円で購入できたコーラが90円で購入できるという事は、「円」の価値が高くなったことを意味するので円高、逆に110円出さなければ購入できないということは、「円」の価値が下がったことを意味するので円安といいます。

「円」と「ドル」を交換するという行動は、海外旅行などで利用する両替所だけでなく、貿易や金融取引など幅広くおこなわれています。

そして、この仕組みを活用して多くの個人投資家が利用している資産運用の一つがFX(外国為替証拠金取引)です。

STEP3FX(外国為替証拠金取引)

FXは日本語で外国為替証拠金取引を意味しますが、これを「外国為替」と「証拠金取引」といった2つの言葉に分けるとどういったものかがとても理解しやすくなります。
それぞれの意味を解読していきましょう。

まず「外国為替」です。
「外国為替」とは例えば日本円と米ドルなど異なる2つの通貨を交換する行為を指します。

例えば、あなたがアメリカに長期出張する予定があり、1ドル=100円の時に1万ドル分を日本円から米ドルに交換したとします。このとき1万(ドル)×100(円)で100万円のご資金が必要です。

数日後、その出張予定が会社の都合で突然無くなってしまい、持っている1万ドルも必要ないため日本円に交換したとします。その時に為替レートが1ドル=105円であれば、1万(ドル)×105(円)で105万円が手元に戻ってきます。


今の例は1ドル=100円の時に日本円を米ドルに換えて、105円になった時に戻した例です。

元手は100万円で最終的に手元に残ったお金は105万円でしたので、105万円から100万円を引いた5万円の利益が生じたことになります。この5万円を為替差益といいます。

このように「外国為替」を利用して資産運用をおこなうことができるということです。

STEP4「証拠金取引」

FXは日本語で外国為替証拠金取引を意味しますが、これを「外国為替」と「証拠金取引」といった2つの言葉に分けるとどういったものかがとても理解しやすくなります。
それぞれの意味を解読していきましょう。

次に「証拠金取引」です。

先ほどの例では、1万ドルに両替する際に100万円の資金を用意しました。これを100万円全額ではなく、取引の担保となる少ない資金ではじめられる取引を証拠金取引といいます。

証拠金取引であれば、1ドル100円のときに1万ドルを両替するために100万円を用意する必要がなく、仮に1万ドル取引するための証拠金が10万円であれば、10万円以上の資金を預けておけば、1万ドル分の売買ができるというわけです。

このように「証拠金取引」では、少ない資金で大きな資産運用ができるのです。

FXとは「外国為替」「証拠金取引」ですので、仮に1万ドル取引するための証拠金が10万円で、1ドル=100円のときに日本円を米ドルに換えた後に、1ドル=105円になったとすれば、10万円の元手で5万円の為替差益を得ることができたということです。

このように外国為替を証拠金でおこなう取引を「外国為替証拠金取引」と呼びます。

STEP5ここまでのまとめ

いかがでしたでしょう?

「外国為替証拠金取引」は通貨と通貨の交換を証拠金でおこなう取引です。

上でお伝えした例のように、「外国為替証拠金取引」なら100万円分の取引を10万円などといった少ない資金で取引でき、為替レートが思惑どおりに動いた場合には、大きな利益を得ることも可能です。しかしながら、思惑とは逆の方向に動いてしまった際は、大きな損失となる可能性もありますので十分に注意が必要です。この部分については、あとで説明いたします。

お問い合わせ

本社(インターネット・コンサルタント)
大阪(コンサルタント)
セミナーで一緒に勉強しませんか?

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス